仲介手数料を安くする

賃貸への入居を考える際には、希望する条件に合った部屋が見付かるかという事の他に、総合的に初期費用がいくら掛かるのかがとても重要です。一般的に考えて、前家賃や敷金や礼金や仲介手数料などと引越し代金や家具家電、カーテンやカーペットなどの細かい生活必需品を買い揃える事も必要になってくるのです。そこで、少しでも初期費用を抑える為には、不動産会社への仲介手数料を安く済ませることが大切です。

値下げ交渉する相手が不動産会社の営業マンと考えると、値下げ交渉になかなか踏み込めない人も多いですが、他の方法でも仲介手数料を値下げしてしまうことは意外と簡単で、交渉下手であっても誰にでも出来てしまいます。

まずは、入居をしたいと思える物件をいくつか見つけて、実際に部屋を見に行くことをおすすめします。ネット上の間取り図や写真だけで判断することは危険ですので、失敗をしない為にも物件を見てくることは大切です。気に入った物件が見付かったら、その物件の住所や建物の名前などを覚えておいて、インターネットで検索してみます。その際に、仲介手数料半額などというキーワードを入れると、同じ物件を紹介していて、さらに仲介手数料が安い不動産会社がヒットします。

その不動産会社に問い合わせて、仲介手数料が半額か確認が取れれば、それだけで家賃の半額分は確実に浮かせることが出来てしまいます。それは家賃が高ければ高いほど、初期費用が抑えることになります。この方法なら、最初から仲介手数料が安いので、不動産会社との関係も良いままで、無駄に気を使う必要もありません。