仲介手数料とは?

賃貸物件に入居をする際には、様々項目の初期費用が掛かります。例えば、入居月分の前家賃、退去時の修繕などに当てる敷金、大家さんへの礼金、成功報酬の仲介手数料などがあります。この中でも仲介手数料という項目は、入居希望者と大家さんなどの物件を管理している人とを、その名の通り仲介してくれる人への手数料になり、賃貸の場合は不動産会社へ支払う金額の事を言います。通常は、家賃の半月分から一ヶ月分と上限が宅建業法で定められています。この範囲の中で不動産会社が自由に決めているのです。

しかし、宅建業法ではこの仲介手数料は本来、貸主と借主が賃料の1か月分と消費税にあたる金額を折半して不動産会社への謝礼として支払うことになっているのですが、実際は、入居希望者が全額支払う契約になっているのが一般的になりつつあります。

支払うタイミングは賃貸契約が成立した時の一番最後に一括での支払いが主流ですが、物件や不動産会社によっては、契約時と取引の最終段階の二回に分けられることもありますので、事前に確認してください。

よく、仲介手数料を安く済ませたいと考えて、不動産会社に値下げ交渉を行うパターンがありますが、入居希望者
と条件のいい物件をめぐり合わせてくれたり、実際に入居申し込みをする場合の大家さんを初めとする管理会社への口ぞえなど、入居審査の手助けをしてくれるのは不動産会社です。入居希望者と不動産会社の信頼関係がとても重要になっている事を忘れてはいけません。